宴会部長の戯言

クラシック・アコーディオン奏者、大田智美のブログ。日記、コンサート情報、その他いろいろ、ぼちぼち書いています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

CASALS HALLに花束を 

今日はお昼から、御茶ノ水にあるカザルスホールへ。

綺麗でしっとりとした、落ち着いた雰囲気のカザルスホール


ずいぶん前からいろいろと物議を醸していましたが、
結局この3月末での閉館が決まってしまい、
今月はホールへの感謝の意を込めたコンサートがたくさん催されています。

今日も『CASALS HALLに花束を』と題して、
ホールにゆかりの深い演奏家である、今井信子さん、
吉野直子さん、そして御喜先生の3人にとって、
思い出のたくさんつまったカザルスホールでのラストコンサートが行われました。

それぞれがソロやデュオ曲を、カザルスホールにまつわるトークを挟みながら演奏し、
ラストピースはトリオで、バッハのゴルドベルク変奏曲。
演奏からもお話からも、ホールへの愛情がひしひしと伝わってきて、
この空間で音楽ができる喜びと、それをもう味わうことができなくなる寂しさが交錯する
なんとも特別な雰囲気でした。

アンコールはブラームスの子守唄。


「このホールにさようならとは言えない、だから、・・・おやすみなさい。」


この一言の後に演奏された子守唄は、とても優しく、美しく、
ホールを撫でるように響いていました。

自然と涙が溢れてきたこの演奏は、
このホールと共にずっと私の心に残ることと思います。


これだけ多くの人に愛されているホールもなかなかないと思うのですが
閉館がとても残念でしかたありません。



カザルスホールのクリスマス
昨年12月25日のホール入り口。
北川記念オケでの本番。
最初で最後だったけど、カザルスの舞台で演奏できてよかったなぁ・・・
スポンサーサイト

category: 観る・聴く

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://anazaru.blog100.fc2.com/tb.php/11-a4616951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

プロフィール詳細

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

お問い合わせ・ご意見

月別アーカイブ

カレンダー

カテゴリ

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。